ミュージック×ポスト

<   2010年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧




何だか音自体がグラモフォンじゃない様な気がするんですけど…

グラモフォンって独特のモワーって感じで広がる音でディスク自体に温度が有る様な暖かさが有ってどうしても好きになれなかったんです、如何にもクラシックの老舗的な音って言うか、取っ付きにくいと言うか… まあージャズ聴かない人がブルーノートの全盛期の音が苦手つうのと同じかな。

ところがこのギレリスの盤はそういうグラモフォンの温度感が全くなくて、音場の広がりも透明感が有って奥まで見える感じです、ECMっぽい気すらします。

そんな晴れた冬の日の透き通って冷え冷えとした空気感、枯れ木立の中にぽつんとピアノが置かれていて独りギレリスが弾いてる、そんなイメージですね。

ワタシがギレリスを聴こうと思ったのは最近ハマったアファナシエフの師匠だからです… クラシック素人のワタシが聴いて似た所が有ると思った、「悲愴」の第一、第三楽章は確かに全然違うなと思いましたが、第二楽章はアファナシエフも同じ様な表現をするんじゃないかと思いました。

ビリー・ジョエルの「ディス・ナイト」のメインメロディーでもある第二楽章がワタシは大好きです。

ギレリスは美しい旋律を慈しむ様に丁寧に紡ぎ出してる、柔らかく甘いと言っても良いくらいに心地好い音ですね。

全体に力強いとは思いましたが、それがますます優しく語りかける様なピアニッシモを強調している感じで冷たいと言う印象は無い、先に述べた通り音場は冷え冷えとして透明感が有る、それもまたギレリスのふとしたフレーズに垣間見る暖かさを際立たせている気がします。

押し付けがましさやくどい表現も無く、かと言って理解を拒む様な高慢さも無い、楽曲の本意を誠実に汲み取り毅然として提示しています、ワタシはアファナシエフ同様、この人の音源を揃える気になりました。

(とほほの助)シベリヤの凍てついた冬の夜の湖面に映える「月の光」
ココのレビューでも散々書かれている枕詞、「鋼鉄のピアニスト」、ギレリスのベートーヴェン。

私はギレリスのベートーヴェンは好きです。

でも、嫌いという人がいてもおかしくない演奏だとも思います。


ギレリスの演奏は、「月光」を例にとって言うなれば、誰もいない人里離れたシベリヤの森林の中にひっそりと存在し続けた湖の水面に映し出された月の光。

そこには人の手垢、人の気配、いや、人の名残すらまったく感じられない。

ただただ透き通った湖面に、青白く光り輝く月光。

人間の介入をあくまでも拒み続ける、そんな厳しい自然の、透き通った鋭角的な美しさをたたえた演奏といえると思います。


そのある種冷徹なほどに澄み切った演奏を是ととるか非ととるかが、この演奏をチョイスするかどうかの分かれ目かもしれません。

この演奏を聴いて、自分の音楽的な好みを判別してみるのも一興かもしれませんね(笑)
因みに、星の数でわかるとおり、私はこの演奏が大好きです。


とても参考になりました

ベートーヴェンのソナタを練習していて、いろいろな演奏を
聴きましたが、一番よかったと思います。


上手いと、ついさらっと弾いてしまう演奏家が多い中、一音一音よく
作りこまれているなと感じました。



ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番&第14番&第23番
ギレリス(エミール)

グレゴリー バッグ
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-17 20:12 | ミュージック

白鳥の湖・情景は、カラヤンの凄みを感じる

さすがにカラヤンだ

白鳥の湖・情景は、カラヤンの凄みを感じる。


叙情的美しさを、カラヤン・BPOの切れ味鋭い演奏が、凌駕し聴く者を凍らせる。


何度も聴いた曲なのに、これだけは次元が違う気がする。


残りの曲も推して知るべし。


値段も安く、買うべき一枚だと思う。


華やかなバレエ音楽

ジャケットの通りの華やかな音楽で、3つの作品のオムニバスとは思えない程、アルバムとしてトータルに楽しめる稀有な一枚です。



カラヤンの颯爽としたスタイルと、ベルリンフィルの華麗な演奏が、塩梅好く調和する。

白鳥の湖も、くるみ割り人形も、ドラマティックで、華やかな気分で聴くことができるのです。

クラシックに、チャイコフスキーに求める、華麗なひと時が味わえます。



最初にこのディスクに出会ったのは、もう20年も前です。

何百回と聴いていますが、まだ聴き足りないですね。

少し落ち込んだ気分が華やかに変わった経験も、何度もしました。

苦しいときに助けられたアルバムのひとつです。



この華やかさ。

自分の結婚式のとき、使う音楽として真っ先に想い付きました。

ケーキカットの時の花のワルツは、とても印象的に残っています。


花のワルツのラスト
チャイコフスキーのワルツ=ディズニーという方程式が勝手にできあがっているクラシックド素人の自分ですが、
カラヤンによる抜粋、しかも安価版ということで聞いてみました。



眠りの森の美女のワルツ、そして最後の花のワルツは堪りません。

大好きです。

でも、演奏の締めが「ジャジャンジャンジャンジャン」と足早に終わってしまい、華麗な美しさに酔いそれていたのにそのあっけなさに興ざめ・・ということで、星四つです。

他の三大バレエのCDも探してみようと思います。



チャイコフスキー:3大バレエ
カラヤン(ヘルベルト・フォン)

ダコタ 財布
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-17 19:58 | ミュージック

心を癒してくれるのはやっぱりモーツァルト

モーツァルト療法 ?音の最先端セラピー ?1.もっと頭の良くなるモーツァルト ?脳にエネルギーを充電する音

心を癒してくれるのはやっぱりモーツァルトですね。

゚.+:。(*≧∇≦*)゚.+:。大好き!!ど?なんだろ?
落ち着くとか、集中出来るとか自分は感じられなかった。


モーツァルトだね。

いい演奏だね。

それだけ。


あくまで自論ですが、別にモーツァルトじゃなくても良いんじゃないかな。


音楽好きでいろいろ聞いてると、直感的にここち良いとか思う曲ありますよね?
集中したいとか、リラックスしたいとかなら、そういうの流したほうがよっぽど良い気がするけどなあ・・・。


自分は『モーツァルト療法』について詳しくはないので効果に関しては否定しません。


効果があるとして、その効果がモーツァルトの曲だけにあるのかっていえば決してそうじゃないだろうし。


音楽療法としてモーツァルトが研究されてるのは、ただたんに有名だからなんじゃないでしょうか?
移り変わりの激しい音楽業界で出ては消え、出ては消えしていく数々のバンドやグループの“音”を研究対象になんてしないだろうしw
モーツァルト以外にも同じような効果のある曲はあると思う。


誰の曲でも良いから、この曲なんかリラックス出来る、これなんか集中出来る、直感的にそう思った物を聞いて利用したほうが、ベターと。


クラシック音楽について(;'Д`)ハアハア

(;'Д`)ハアハア科学技術や娯楽(漫画やアニメ)などは西洋諸国に追いついてきたと思っていたのだが・・・
未だに・・・西洋諸国・・・とりあけ白人に対するコンプレックスの強い事に気付いた。



その理由は・・クラシック音楽をはじめとする洋楽絵画建築物映画などで・・・日本民族が劣っているからである・・・?!

まず、クラシック音楽について着目してみよう・・クラシック音楽というのは最早終わってしまった音楽に過ぎない。



日本民族が参加する頃には・・・終焉を迎えていた・・・にも関わらず武満徹を産み出すところに、日本民族の偉大さがある・・。



日本に関わらず・・・イギリスにもクラシック音楽は無かった。



クラシック音楽というのは・・・イタリアドイツフランスの3国のみを中心とした

啓蒙活動である。

そしてイタリアはバロック音楽時代は凄かったそうだがそれでさえ

バロック時代の後進国であるドイツのバッハヘンデルヨハン・バッハベルのカノンによって敗れている・・・。



そしてクラシック音楽はずっとドイツのターンというほど凄かったそうだ。



モーツァルト療法 ~音の最先端セラピー ~1.もっと頭の良くなるモーツァルト ~脳にエネルギーを充電する音
ヘブラー(イングリッド)

ロンシャン バッグ
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-16 23:05 | ミュージック

様々な可能性を秘めたヴォーカリスト

遅ればせながら、ポール・ポッツの美声を堪能しました。


「誰も寝てはならぬ」は透明な高音の響きが美しい歌唱でした。

彼の優しい性格が歌に表れています。

独学でオペラアリアを学んだということですが、パバロッティやドミンゴといったドラマチックな表現ではなく、彼の敬愛するカレーラスのように華麗ともいえる歌声です。

実に魅力的な声の持ち主でした。



「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」「ネッラ・ファンタジア」のようなクロスオーヴァのジャンルが彼の声質に合っていると思います。

ヴェルカントの歌唱ですが、オペラのアリアを高らかに歌い上げるのも良いでしょうが、このようなしっとりとした曲を持ち前の美声を響かせて朗々と伸びやかに歌うほうが、より彼の特質を生かせると思いました。

高音の輝きは人々を魅了し、歌心を持った表現力は群を抜いています。



スペイン語の「アマポーラ」は発音が良くないですね。

低音は地声ですし、高音はのど声になっていました。

選曲と歌唱する言語を考える必要があります。

ボーナス・トラックも無理につけなくてよかったのでは、と思いました。



「カルーソー」は、前回のトリノ・オリンピックの男子シングルで金メダルを取ったプルシェンコが、エキシビションで使っていた曲です。

もちろん、世紀の名歌手「カルーソー」のことを歌った曲ですが、情感たっぷりで曲の良さが一段と映える感じがしました。

天賦の才という言葉がありますが、このような伝説の歌手のイメージとダブります。

悲しい曲の表現は巧みですし、声質に合っています。



階級意識の高いイギリスにおいて労働者階級という出自を越えて飛び出したポール・ポッツの成功物語は、イギリス社会の閉塞感を打ち破る一つの例でしょう。


とても親しみ易いオペラです
そんなに沢山の歌手を聞いたわけではありませんが、初めてテレビで見た感動がそのまま心に入り何度も繰り返し聞いてます、スタンダードが多く入っているので曲を飛ばすことも無く全般に楽しめます。


商品の届くのに日数が・・・・・・・

今回初めて購入しました。

商品の配達期日が過ぎても商品が届かないこともありこのような評価となりました。

後日連絡を頂き、無事商品が届きました。

安く手に入れることが出来ましたが、手元に届くには日数がかかりすぎですね。

事前に知らせてもらえれば問題は無かったかもしれませんが・・・・・・
ワン・チャンス
ポール・ポッツ

バーバリー 財布
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-16 16:33 | 日記

あの名曲が入ってない

皆さん、高評価のところ申し訳ないですが・・・。

あの名曲、「アンの街」(Anneの街)が入っていないのがおかしいと思いませんか?

私は、2枚組アルバムの「Mother」やベストアルバムの、
「Loving You」の両方を良く聞くのですが、
時間が無く、曲を選んで聞くときは「アンの街」は絶対外せません。

この「ハラッド」はもちろん素晴らしいベストアルバムですが、
この曲が入っていないため、私的には星3つ半といったところです。

拝啓 原 由子殿

初回盤が、すぐに完売してしまうほどの支持を集めるスーパー主婦だね。私はピアノと鎌倉物語が特に好きです。少女時代もいいねぇ。 シャボンも。声を聴いてると、いつまでも少女のような透明感。サザンが活動休止を発表して少し、ゆっくり出来るのかと思ったら最愛の桑田さんが病気になってしまい心配です。でも誰が、どう見ても仲の良い夫婦で二人の絆は深いものなのはファンなら知ってます。 このアルバムや桑田さんのソロアルバムを聴いてると、やっぱりサザンが恋しくなります。活動再開できるように今は辛くても、がんばって欲しい。何も出来ないけれど、せめて二人の作品を毎日、聴いて完全復活できる日を祈っています。桑田さんの事よろしくお願い致します。

潤い…

久しぶりに原坊のアルバムを購入しました。忙しい日常に潤いをくれる声ですね。静かな時間が流れます。たくさんの人に聴いてほしいです。

ハラッド(通常盤)

イブサンローラン バッグ
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-14 19:51 | 日記

観てから聴くか、聴いてから観るか…

歌姫ステキすぐる!!!

シェリル様とランカちゃんが素敵すぎる!!!
シェリルとランカちゃんの歌はもちろん、真綾のトライアングラー、SMSのみんなの歌、最終回で歌われたメドレーも収録されていて聞きごたえは満点です!!


すごくよかった!!!

アニメやアニソンが異常に好きなわけではありませんが、
そんな人でも楽しめる内容だと思います。

曲もよければ歌詞も面白いし、素晴らしい出来です。
アニソンのイメージが変わりました。

マクロスFを観ていない人でも聴いてみて損はしないと思います。


観てから聴くか、聴いてから観るか…


ついでにいうと、
『射手座☆午後九時 Don’t be late 』という曲は、
運動会などのリレーのBGMなんかにピッタリだと思います。

オーディオ好きな方にもオススメ

オーディオ的な観点ではビクター系CDはレベルが高いですが、特にこのCDはテッド・ジェンセンのマスタリングだけあって、音圧とHi-Fiとのバランスが取れており、音圧を稼いでも良盤は作れる良い手本だと思います。
特にハズレ録音盤だらけのキングレコードは、見習って欲しいとこです。

マクロスF VOCAL COLLECTION「娘たま♀」
菅野よう子

エルメス 財布
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-14 19:46

欠点があるとすればただ一つ!!

収録されている曲目は、見て頂ければ判りますが、基本的な所は抑えて居ると思います。
「On Your Mark」のように作品としてはマイナーでもとても良い曲も収録されていたりして、個人的には満足です。
(元々、PV用に作られた作品ではありますが)

ただし問題点としては、内容を充実させたのと、上質な紙を使っているせいでしょうか?その為に、どうやって傷を付けずに
入れたの?と言うほどに、歌詞カードが出しにくいです。また収納時に歌詞カードを傷つけてボロボロにする羽目に・・・



スタジオジブリの歌

全てオリジナル。しかもポニョまで入っていて、ジブリ大好きな息子(小学生)のお気に入りです。

お手軽に聞き比べ

ナウシカのイメージソングが入っているのにはおどろいたが、それ以降でポニョまでの映画から、各2曲前後をいれている。
結構有名な映画ばかりなので、聴いてみれば場面を思い出すし、初めての人にもお勧めですね。
BGMではなく歌付きの曲だけってとこも聴きやすかった。

しかし「カリオストロ」はジブリ作品ではないのは知っていたものの、「茄子 アンダルシアの夏」が違ったのは知らなかった。
このCDで知ったとは迂闊也!

・・・正確にはナウシカも違うのか・・・

スタジオジブリの歌
アニメ主題歌

買取・買い取り
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-13 07:46 | 日記

まあまあ………

Michaelと桑田さんは比べるものではありませんが(笑)私も声があまり好きじゃないです。曲ももう古臭いかなぁ…。嫌いでは無いんです。ただ、40年近く経って「新しさ」を感じれるかですよね。どうなんだろ…。信者さんがワーキャー言ってるだけでそんなでもない。"参考にならない"を押してるのがそういう人たちっていうのが見え見えで笑ってしまう。

「海のYeah!!!!!!!!!!!!」 このタイトル思いついたヤツ、天才だね!

>私が聴くのは洋楽がほとんどです。
>邦楽は洋楽と比べてしまうとどうしてもレベル的に低く思えます。
時々、こんなことを言いだす方がいますが、何をカン違いしているんだか。レベル差なんてほとんどありませんよ。

 実はオイラも、ほとんど“洋楽”しか聴かない。理由は簡単。好きになってしまった音楽フォーマットが、日本人のDNAとはまったく関係ないところで鳴らされる「ロック」だから。“純然たるロック”(あくまで比喩的表現ですよ!)を聴くんなら、英語圏の方々が奏でる方がいいだろう、というよりは、より“フィットする”というだけの話なんですよね。

 で、サザンというか桑田佳祐という人は、ビートルズからディラン・クラプトン・フィートといった先達の遺産をしっかりと受け継いだ「音楽性」と、日本人の琴線に触れる昭和歌謡が持つ「大衆性」とを、高いレベルで昇華させた、独特のごった煮のような唯一無二の音楽性が、これほどまでの支持を得る理由なんだよね。そう、日本語の韻を「ロック」というフォーマットの中で奏でながら、何か懐かしい感じのする、「いなたい」感情を、独特の語感でうまくパッケージしてくるんだよね。「こんなのロックじゃない!」という感想の御仁がいることはわからなくはないが、それは“純然たるロック”(しつこいようだが、比喩ですよ)と比べてレベルが低いのではなく、日本人ならより共感できるであろうという、この守備範囲というか、彼独自の音楽性が魅力なんだよね(他の日本人アーティストには、どちらかの要素が足りないから、オイラにはフィットしないんだよね)。

 ベスト盤なら誰がどんな選曲をしようとも、「あれがない」「これがない」となってしまうであろうことを考えると、こういった“テーマ性”を持たせるしかないんだが、今作はまさに、「夏に元気が出てくるサザン」にぴったりの名曲がこれでもかとてんこ盛りで、ある種「バラッド」シリーズと対をなす作品と言えるのかもしれないな。しかし「海のYeah!!!!!!!!」なんてタイトル、思いついた人は天才だろうな。これほどサザンにピッタリのタイトル、ちょっと思いつかんわ(笑)。


初心者のためのアルバム

サザンの世間一般で知られてる曲は入ってるけど、このCDでサザンの良さはほとんど伝わりません。まさにサザンを全く聴いた事が無い人にはオススメですが、これだけでは終わらないのがサザンの凄さ。オリジナルアルバムも聴いてみてください。

海のYeah!!
サザンオールスターズ

ビトン財布
[PR]



by musicpost1 | 2010-09-11 21:48 | ミュージック
好きな音楽
by musicpost1
プロフィールを見る
画像一覧

最新の記事

おいしいラーメン屋さんはコレ!
at 2012-11-02 12:52
今欲しいのは、モノグラム・マ..
at 2012-10-12 22:49
どんまいアツいぜ!チケット
at 2012-05-08 19:30
どこのコンビニの「おでん」が..
at 2012-02-01 16:36
柔らかさと儚さと情動を感じました
at 2012-01-27 18:49

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧